Night×Knights


「きみに逢えた、それだけでよかった」

ある日、男子高校生・夜は、《悪魔》だと名乗る謎の少年・朝によって

剣と魔法が存在する異世界“ローズライン”へと連れて行かれる。

同じ運命を背負った仲間たちとの出逢い、重なる悲劇と未来への希望。

 

「きみがまた、笑えるのなら……――」

 

彼らの運命を大きく揺るがす、過去と闘う物語。